HOME > GALLERY > ITEM > 茶入・茶器

高取八仙 造 高取茶入 銘 慶雲  而妙斎箱

正面の釉流れが美しい茶入で、而妙斎が「慶雲」と箱書をしています。 
「慶雲」とは、めでたい事の起こる前兆とされる雲のことです。 初釜など、おめでたいお席で使えます。 袋が二つ(笹蔓緞子・)添っています。
 
 

高取八仙
昭和9年12月27日生。
昭和25年 小石原小学校卒業、家業に入る。
昭和28年 髙取焼十三代を継ぐ。全国陶磁器展入賞。福岡県美術展入選、その後連続入選。
昭和34年 福岡県美術協会員に推挙される。
昭和48年 日本伝統工芸展入選。
昭和50年 福岡県美術協会県知事賞受賞。
昭和55年 伝統工芸士認定(通産省)。
昭和61年 伊勢神宮献納茶碗永久保存。
昭和63年 伝統工芸展入選。
平成元年 国際芸術文化賞受賞。県知事最優秀技術者表彰受賞。
平成8年 パリ芸術祭大賞受賞。
平成10年 九州通産局長表彰受賞。
平成13年 小石原伝統工芸士会長就任。
平成16年 伝統工芸品展九州経済産業局長賞受賞。NHK選抜百人百碗掲載。
平成17年 全国伝統工芸士会功労賞受賞。秋の勲章瑞宝単光章受賞。
平成25年 喜寿記念展覧会(福岡市美術館にて)。
現在も作陶に従事。

 
クリックすると拡大します。