HOME > GALLERY > ITEM > 香合

永楽保全 造 交趾分銅亀 香合  吸江斎箱 十三ノ内

形物香合番付では東前頭四枚目に挙げられる交趾分銅亀香合を、保全が写したもの。 箱の甲に「御香合」とあるので、紀州家に献上するために作られたものか。

 
分銅は銭(=お金)に通じ、富を呼ぶとして喜ばれます。
 

交趾
ベトナム北部との貿易で交趾船によってもたらされた事に由来する。 当初はベトナム産といわれたが、現在は中国南部産といわれる。

 
 
クリックすると拡大します。